宇多田ヒカル「Automatic」の歌詞分析:1拍目と3拍目に「ん」を配置してみよう


前回の投稿では、宇多田ヒカル的なソングライティングとボーカルスタイルには「宇多田カット」という独特な「切れ目」を生む特徴があることを述べました。
そしてそのように書いて歌うための4つの原則から、2つを紹介しました。

概要は前の2回の投稿をお読みいただきますようよろしくお願いします。

  1. 宇多田ヒカルの作詞の特徴:半シラブル化仮説
  2. 作詞家とボーカルのための宇多田ヒカル論:「Automatic」における子音の強調の方法

今回はとても簡単な内容です。

1拍目と3拍目に「ん」音を配置することで、宇多田ヒカル的なフィーリングを再現できるという話です。ぜひ試してみてください!

2.2.3 宇多田カット:「ん」音の利用

コメント (1)

  1. ピングバック:宇多田ヒカル「Automatic」の歌詞分析:1拍目と3拍目で「い」音を強調する | Lyrics Theory

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です